フリーランス言語聴覚士はしっ子の、こだわらない話

~北のマチのフリーランス言語聴覚士の医療教育系ブログ~このブログを本にしたい

【介護・医療職を目指す人必見!】患者さん目線の入院体験記

【第40回】

この度、婦人科の方で
計6日間入院しまして、
本日退院の運びとなりました。

一般的には短い期間ですが、
手術を伴うものであったため、
多くの方に心配をして頂きました。

ありがとうございました。



ここで、
私の備忘録も兼ねて、
6日間の入院体験記を残したいと思います。


そして、
その体験なんですが、
日頃、言語聴覚士として
医療・介護業界にいる私が

患者さん側の気持ちを感じることができ、
気付きがあったので、


この業界の方、
特にコメディカルを目指す学生さんや、

若手医療職の方に
見ていただきたいですね。


それでは、それでは。



~患者さん目線の入院体験記~


今回は、
子宮頚部異形上皮の診断で
切除手術と安静期間のための入院です。


舞台は、
北海道北見市
北見駅からすぐ近くの
「レ」のつく病院です。

(北見の女性の皆様、わかりますよね?)


日頃から外来受診していたことと、

姉の出産の際にお世話になった
病院なので、

なんとなくこの病院の
入院のイメージは出来ていました。


今回の手術にあたり、
胸から下の麻酔が施されました。

この局所麻酔、
思ったよりも、びっくり体験でした!



【びっくり編】

びっくり①
術後、胸より上ははっきりと使えるのに、
胸より下は、ゴムの塊のようなものが、
ついてる感覚になりました。

自分の体なのに、
「あれ?なんか、ゴム風船みたいなもの巻いてるのかな?」と、本気で思いました。

触ってみたら、私の体。

視覚的には自分の体と認知できても、

感覚的には、
触ってもつねっても感じないし、

動かそうにも
本当にどう動かしたらいいかわからないし、

自分の体の一部という認識ではなく、
「これ」と言ってしまうくらい
ボディイメージのかけ離れたもので
驚きの連続でした。



びっくり②
術後、徐々に麻酔が切れてきて、
上半身の力って、手すりを使えば
起き上がれるようになったとき、
ふと気づく。

座位のバランスがとれない・・・。

どこに重心をおいたらいいかわからない。。

本当に、まるで
バランスボールに乗っているような感覚でした。

ぐらぐらして、
定まらない。


バランスボールの上に、
自分の胸から上の健康な部分が
乗っかっているような感覚。


いい経験になる!と欲をだし、
あれやこれやベッド上で
体を動かしていたところ、

座位のバランスがとれず、
危うくベッドから落ちそうになりました。

あわてて手すりにしがみつき、
事なきを得る

あわやベッドから滑落の
アクシデントになりそうでした(笑)



びっくり③
胸から下、主に下半身が麻痺していると、
体に重たいものがぶら下がっている感覚です。

とにかく、ぶらーーーんと、重たい。

片麻痺の方の肩の脱臼なんかを考えても、

今回のような麻酔で麻痺して、
筋が弛緩すると、

自分の体のパーツの重みを感じます。

両足2本分、本当に重たかったです。



つづきまして・・・


【なるほど!編】

なるほど!①
献立表ばかり見る。

入院中は、なかなか楽しみがありません。
その数少ない楽しみイベント、

それはやっぱり「食事」です。


私も、お察しの通り
献立表ばかり見ていました(笑)

朝御飯が終わると、すぐに
「お昼ご飯なにかな?」と考える。

お昼ご飯が終わると、すぐに
「夜ご飯なにかな?」と考える。

そんな具合です。

こちらの病院の食事、おいしくて
私は大満足でした。

とくに、汁物がだしが効いていて
好みの味付けでした。

お仕事の中でも、
よくおばあちゃん達が
「食事しか楽しみないもの~。」

といい、
食事へのこだわりを聞きます。
その、本当の意味がわかった経験でした。



なるほど!②
病衣よりも、自分の服を。

病衣(病院支給のパジャマ)は、

病院にいること、
自分が患っていることを
強く意識するものだと感じました。

自分の持ってきた部屋着に着替えると、

なんでしょう、

やっぱり
背筋がシャキッと伸びます。

入院という一般的には非日常なものから、
少しずつ自分の日常のものを足していく、

日常を意識する、って
退院後の生活をイメージする一歩として、
大事なことなのではと思います。



③親切な看護師さんの名前は覚えたくなる。

私が普段お仕事している中で、
「お名前なんて言うの?」と、
度々聞かれることがあります。

また、
「もう仕事も切り上げて早く家に帰ってあげなさい」と、
心配して言ってくださる方もいます。


入院して、その意味がわかりました。

親切にしてくれる職員さんの名前は
知りたくなる、覚えたくなる!


親切な職員さんが、
あんまり長く働いていると、

「体大丈夫?子供たち家で待ってるんじゃないの?ここは、もういいから、早く帰ってあげて・・・」

と、勝手に思いました(笑)


私の普段言われる意味は、
違う意味かもしれませんが、

こんな気持ちになったことも
新鮮なことでした。




ここからは、番外編

【ランキング編】

好きな食事メニュー部門
〈1位〉
f:id:hassikko:20180527134735j:plain

メインは、豆腐のローフというおかずです。
付け合わせのさつまいもや
スナップえんどうの下ごしらえの丁寧さ、
全体的な野菜一杯のバランスのよさ、
グレープゼリーまでつく品数の多さが
ポイントでした♪

牛肉とゴボウと、ニンジンの煮物もおいしかったな~。




好きな3時のおやつ♪部門
〈1位〉
f:id:hassikko:20180527134829j:plain

もものコンフォート風

手作りか既成のものかわからないのですが、
さっぱり、しっとり、
優雅なおやつの時間でした。



重宝したアイテム部門
〈1位〉
f:id:hassikko:20180527135623j:plain

ウエットティッシュ

手拭きに、お掃除に、
あらゆる場面でマルチに活躍してくれました。



読んでおもしろかった部門
〈1位〉

f:id:hassikko:20180527135040j:plain

読んだ7冊すべてです。
選べませんでした~。

もっともっと、読むはずだったのに!
もう少し攻めたかったですね。


ということで、
~患者さん目線の入院体験記でした~



※高タンパク、低脂質でバランスのとれた食事の病院食のおかげで、2.5㎏落ちてました。

十分な睡眠と健康的な食事と規則正しい生活で、
お肌もツルツルです♪


ダイエット入院とか、美容入院とか、
北見にも当たり前にできる病院と意識が
あったらいいな~と、
思ったのでした。




🌼ブログ村参加しています🌼

クリック = 応援となる!

こだわりの言語聴覚士はしっ子ブログの
応援を込めて、ポチっとお願いします✨
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村