フリーランス言語聴覚士はしっ子の、こだわらない話

~北のマチのフリーランス言語聴覚士の医療教育系ブログ~このブログを本にしたい

どうぞ叱ってくださいね。

どうぞ叱ってくださいね。

 

フリーランスになって気を付けていること。

 

誠意には、誠意でかえす。

心をつくす。

 

未熟ではありますが、

自分の守るべきルールにしています。

 

でも、これって、

自分からみるものと、

他者からみるもの、

 

その受け止め方が異なるので、

自分の行動が正しいとは限らない。

 

自分の中の常識が基準となって、

行動しているわけで、

 

その常識は人それぞれ異なり、

同じではない。

 

だとしたら、

どこにあわせたら、心をつくすことが、

伝わるのか。

 

ビジネス間で、

知人関係で、

友人関係で、

家族間で、

 

その関係性の中で、

 

相手に負担を感じさせずに、

最大限できること

 

をやることが、

 

心をつくす

 

伝わる行動になるのではないかと思います。

 

自分だったらしてほしいこと

(自分の常識)

 

相手がしてほしそうなこと

(想像なので、思い込み)

 

 

この2つのちょうどいいところ、

自分と相手との関係性において、

違和感なく、相手が受け止められること、

 

が、お互いに心地いい距離感になると思います。

 

えらそうに話していますが、

私が不十分だと思ったときは、

 

みなさん、

どうぞ叱ってくださいね。

 

フリーランスであることで、

注意してくださる人、

教えを説いてくれる人、

 

気を付けていないと、

どんどん減ってしまいます。

 

 

自己評価と、他己評価をあわせて、

はじめて自分の姿が見えてきます。

 

 

みなさんなんなりと、

どうぞ叱ってください。

 

 

自分の言葉、行動、態度、

 

フリーランスの立場だと、

一番弱いことなのかもしれません。

 

だからこそ、

俯瞰的な目で見ることが必要なんですね。