フリーランス言語聴覚士はしっ子の、こだわらない話

~北のマチのフリーランス言語聴覚士の医療教育系ブログ~このブログを本にしたい

今日のなるほどな、の話。

いつもの自分がやらない方をやってみる

 

鳥居ミコさんの本です。

 

いつもの自分がやらない方をやってみる、なんだかドキドキするタイトルですね~。


f:id:hassikko:20180202231751j:image

 

この本、

自分がダメとしていた自分ルールを解き放いて、

もっともっと楽に生きよう、的な本なのですが、

 

本の中から、私が一番なるほどなー、と思ったものを、ちょっとだけ紹介します。

 

相手の中に、自分の一部を見つけると、

嫌になり、許せなくなる。

 

この一文には、思わず唸ってしまいました。

 

要するに、「嫌だな」と思う人がいるとしたら、その人の嫌だと感じているものが、

 

実は、自分の中にも同じような部分があるんだそう。

 

それでも、自分はその嫌な部分を

なんとか治そう、もしくは隠そうとしてるので、

 

地道に努力したり、

表にでないように必死に抑えてるものだから、

 

自分の嫌な部分を、その人を介して見せられているように感じて、嫌悪感を抱くんだそう。

 

 

確かに、思い当たる節があることは認めます(笑)

 

このタイプの嫌の理由が、こういった仕掛けであることを理解してると、

 

 

「あのヤロー!」とか、

「このヤロー!」とか、

 

 

思わず、

「実は、同じ仲間なのね❤」

 

くらいの気持ちでいられれば、

貴重なエネルギーを負でいっぱいにすることは

なくなりそうです。

 

 

自分とその人の共通する嫌な部分を、

自分が成長して、越えてやれば、

きっと、全く気にならなくなると思います。

(理論上は)

 

 

そんな器のひろーーい人、目指したいものですね。