フリーランス言語聴覚士はしっ子の、こだわらない話

~北のマチのフリーランス言語聴覚士の医療教育系ブログ~このブログを本にしたい

無意識の顔、見られてる!

心の状態は、ふるまう姿勢に現れる。

心の状態は、表情に現れる。

心の状態は、ふとした瞬間に読み取れる。

 

おそらく、大抵の人は、内向きの顔と、外向きの顔を使い分けていると思う。

 

外向きの顔は、人に見せる顔だから、

きっと、無意識のうちに、穏やかな顔をつくっていると思う。

 

特にサービス業や、始めましての場だと、

さらに人に好かれそうな、好感をもってもらえそうな、表情を瞬時に選ぶと思う。

 

では、その中間、

一人のときでもない、誰かと話しているときでもない、

会社等で大勢といるけど、一人作業の時、

そんな時は、どんな顔をしてるのか?

 

それが、

無意識の顔です。

 

無意識の顔が、口角が下がって不満そうな顔をしてたり、

眉間にシワを寄せて、気むずかしい顔をしてたり、

口を開けて気の抜けた顔をしてたり、

 

一緒にその場にいる周りの人が、話しかけやすい雰囲気作りが出来ているか、も、

コミュニケーション技術として、とりいれたいところだと、日頃から思っています。

 

ましてや、言語聴覚士は、対人の仕事。

マンツーマンも多い。

そんな時に、ふとした瞬間、気むずかしい顔をしているセラピストには、

患者様は話しかけることを躊躇してしまうのではないか。

 

失語症の方にとって、リラックス下ででる言葉には、驚くべき力がある。

その、第一声を聞き漏らさない、

その価値ある言葉を聞ける貴重な立場を保つために、

言語聴覚士は、無意識下に発するものにも、気を付けていかなければならないと思う。

 

いや、どの職業、また家族においても、

言葉以外から自分が発する雰囲気について、

気を配ることは、周囲へもたらす思いやりだと思う。

 

言語を獲得した人類だからこそ、

言語以外のたくみな表現手段を磨いていきたいものだ。