フリーランス言語聴覚士はしっ子の、こだわらない話

~北のマチのフリーランス言語聴覚士の医療教育系ブログ~このブログを本にしたい

食べることは生きること

古きを知り、新しきを知る。

【第98回】 古きを知り、新しきを知る。 いつもこのブログに訪問くださり、 ありがとうございます。 本日のテーマは、「古きを知り、新しきを知る。」 これは、四字熟語 温故知新の意味です。 温故知新 この言葉、私好きなんです。古いものから学び、新しい…

言語聴覚士と料理の関係

【第96回】 言語聴覚士と料理の関係 子どもの頃、ばあちゃんの料理の音が好きでした。 木の厚いまな板に今とは違って重めの包丁 ゆっくりトントントントンと 切る音が聞こえる 赤味噌の味噌汁に甘いカレー 納豆はまな板で細かく切り ひきわり納豆にしてくれ…

【食べる】に秘められた行為の謎について

【第64回】 兼ねてから、自身の「食」との向きあい方について、 疑問を持ち続けていた。 「そういうことだったのか!」 ストンと落ちる名答があったので、紹介したい。 おあとがよろしいようで 著:オカヤイヅミ この本の中で、 オカヤ氏と人気作家 朝井リョ…

最期の一口を届けるために

【第61回】 私が人前でお話をさせていただくとき、 必ずするお話があります。 それは、 「最期に何を食べたいですか?」 の問いかけです。 私は大好きなおはぎ か、 だしの効いたお味噌汁か、 まだ迷っているところなんですが、 今のところ、このどちらかが…